私はまだまだ大丈夫?

母方のおじいちゃんは、しっかりとした髪の毛がない人です。
私自身、髪の毛は薄いほうではありませんが、髪の質が少し気がかりです。細くやわらかい髪質なのです。
神経質なほうではないので、育毛剤だとかなんとかいうものを使ったことはありません。
とりあえず、今のところ大丈夫といった感じですが、白髪はたまに見かけるようになってきました。
白髪はしかたありませんね。

「このあいだ、若ハゲの人見ちゃった!」

「…何歳くらいの人?」

「まだ20代半ばくらいじゃないかな。」

「かわいそうに。俺もうかうかしてられないかも…。」

「お前は、まだ大丈夫だろ?」

「いゃぁ、髪の細さは昔から気にしてるんだよね。」

「そういえば少し細いかな。でも量があるから大丈夫じゃない?」

「近頃は抜け毛も増えてきたよ。微妙に気にしておかなきゃいけないと思う…。」

「なら、美容室で使ってるようなシャンプーでも探せば?前に聞いたことあるけど、美容室とかで使ってるシャンプーって高価だけど髪の毛には良いみたいだよ。」

「美容室のシャンプーか。知り合いの美容師に聞いてみるよ。」

シャンプーって怖い!

知り合いの美容師に詳しく聞いてみたら驚くことがわかってしまった。
なぜなら、シャンプーで風呂釜を掃除すると、汚れがよく落ちるらしい。
汚れがよく落ちるんならいいんじゃないの?
って思う人もいるかもしれないけど、頭皮って整髪料やらシャンプーやらを浸透しやすいんだって!
浸透しやすいってことは、その強烈なシャンプーを頭皮で吸収してるって事!
でもって、強烈って事は人体に悪い影響を与えるものなんだって。

市販のシャンプーは、頭皮と頭髪の汚れと、必要な脂質までキレイさっぱり洗い落としてくれるらしいよ。
そして、必要な脂質はリンスやコンディショナーで補うんだって。
だからシャンプーとリンス、コンディショナーは両方ともよく売れるんだ!

「知り合いの美容師に聞いてみたんだけど、やっぱり市販のシャンプーは良くないみたいだね。市販のシャンプーを使うんならリンスやコンディショナーも一緒に使わないといけないんだって!」

「そうなのか?だとしたら俺もヤバイかな。」

「お前の髪の毛は少し長くても重力に逆らってるから手入れなんてしなくてもいいんじゃない?インディアン並みだな。」

「それでも人体に影響があるんなら考え直すよ。」

「知り合いの美容師に利用してるシャンプーを聞いたんだけど、その人は美容室のシャンプーは使わないんだって。」

「で、何を使ってるんだって?」

「いちばん身近にあって、いちばんいいモノって固形石鹸って言ってたよ。」

「石鹸って、手お洗うせっけんのことか?」

「うん、髪の毛はパサパサになるけど、頭皮にはいちばん良いみたい。」

「その美容師さんも石鹸使ってるの?」

「その人はインディアン伝承シャンプー使ってるみたいだよ。」

「なんだそりゃ!」

「なんでも、インディアンの髪がしっかりしているのはインディアンが使っているシャンプーがいいからなんだって!それを製品にしたモノを使ってるみたい。」

インディアン伝承シャンプー

「俺も使ってみるよ。ここだと、2本で購入したほうがお得だから、1本ずつ使ってみようぜ!」

「このインディアンシャンプーで髪の毛が太くなれば言うことないんだけどね…。」

インディアン伝承シャンプーっていいかも

インディアン伝承シャンプーを一週間使ってみた結果、ほんの少しだけど髪の毛にコシが出てきてる気がする。
まだ一週間っていう短い期間だから微妙だけど、逆に、一週間という短い期間で変化の兆しが見えてきているのはスゴイ!
私の場合は本当にやわらかい髪質だったから、ほんの少しの変化でも気が付いたが、友達のあの剛毛の場合はどうだろう。
インディアン伝承シャンプーは、まちがいなく頭皮にはいいモノだと思う。
というよりは、市販のシャンプーが怖いということがわかったから、とくにそう思うのかもしれない。
私の結論は、インディアン伝承シャンプーは良いのである!

インディアン伝承シャンプー

Contents

スポンサードリンク