ビジネスに必要な英語を学ぶ方法と必要事項

英会話を習得するために必要なことというのは「勉強」だ。 帰国子女のように諸事情があって英語と母国語を話すことができる人は別として、一般的には英語は覚えるものだということになる。 そのためには勉強をする必要があるということなのだ。

わたしは勉強には3つの方法があると思っている。

ひとつは自身の手法により自身の情報収集力をもとにした自身で勉強をする方法だ。
この方法の良いところは自分の足りないところがわかっているということで、何をすべきかが最短距離でわかるということだろう。 自分の分からないところがどこかを知っているので、調べながら勉強するにしても効率が良いということになる。
しかし、これが当てはまるには英語の勉強方法がわかっている人になると思う。 英語の勉強方法というところから自分で調べる必要が出てくるということになるのを考えておかねばならないだろう。 効率よく勉強を進めていくと、この方法では必ず落とし穴に落ちてしまう所がある。 それは、一人で勉強していることで、目標である「英会話」の勉強ができないということだ。 できないというよりも、英語の勉強として勉強し、英会話であることを忘れてしまうといったほうが当てはまるだろう。 なぜなら、一生懸命英語の勉強をしているはずだが、 一生懸命英語の勉強をしているために英会話をするための勉強ということを忘れてしまいかねないからだ。
まじめな人ほど陥りやすい罠というわけだ。

ふたつ目はあちこちから書籍などの英会話教材を探し集めて一つ一つ実践していく方法だ。
目的が英会話になることを前提として教材を色々集めるため、勉強方法はブレないだろう。 自分の英会話力が一つの書籍の英会話教材でレベルが上がるのがわかってくると思う。 たぶん数多くの人が実践している方法の一つだろう。
また、書籍を購入する費用も発生する。 一冊だけで英会話を習得するつもりなら良いが、大抵の場合複数冊の購入をすることになるだろう。 書籍の購入に際して、かなりの出費を伴うことを覚悟しなければならない。 そして、日本人は書籍をもとにした英会話の勉強をして、生きた英会話を学び習得できた人は何人いるのだろうか。
甚だ疑問である。
その理由はかんたんでわかりきっているのだが、これを言うと学校の勉強自体を否定することになる。 それは生きた英語を話せる人から学ぶことがないからなのだ。 学校の先生も、書籍から学んだ英語を話しているのだから。 書籍をもとにして(学校の場合は教科書)勉強をすることにかけて、日本人はとても優秀だと思う。 いい成績を残して良い企業に入る人がたくさんいるのを見てもわかるだろう。 しかし、それは生きた英語を覚えたとは言えないのではないだろうか。 事実、幼いころ諸事情で英語圏の国に引っ越して、英語を話せるようになって帰ってきた友達は、日本の英語はよくわからない。 そう言っていたことを覚えている。
教科書どおり、書籍どおりに勉強したとしても、お手本となる英会話ではないということなのだ。

みっつ目は生きた英語を知っている人から教えてもらう方法だ。
例えばこれだ。
【英語ぺらぺら君初級編】 歴代米国大統領の元通訳が教える英会話学習法 なら間違いなく生きた英語を覚えることができるだろう。 インターネットをくまなく探すことができれば良い情報に出会えるかもしれない。 しかしビジネスで使うための英会話を必要としている場合、英会話を習得する期間も考えなければならないはずである。 最短で、しかも効率よく英会話を習得するのであれば、この 【英語ぺらぺら君初級編】 歴代米国大統領の元通訳が教える英会話学習法 ように生きた英語を話せる人から学んだほうが近道であることは間違いないのではないか。
そのためにやはり出費がある。 しかし、自分自身で勉強するにしても、必要に応じて辞書などを購入するだろうし、書籍で勉強するにしても書籍代はかかるだろう。 勉強を勧めていくということは出費が伴うということでもあるのだ。 そして、いかにビジネスで通用する生きた英会話を取得す場合、英語を習得する経費と考えるのは妥当であり必要なものでもある。

このへんを議論していこう。

TOPへ戻る/ 前へ戻る

ビジネスで通用する英会話を勉強するのに、3つの方法が上がったんだけど、わたしは自分で勉強して行こうと思います。 それで行き詰まったら書籍でも購入して勉強したらいいんじゃないかと思うんですけど、どうですか?

そうですね、自分自身でまず英会話の勉強するのも良いかもしれません。 そうしていくうちに、何が必要で何を覚えていけばよいかがわかるかもしれませんね。 でも、ビジネスで通用するために勉強する時間はどのくらいあるのですか?

大体1ヶ月から2ヶ月程度と考えてます。 長々と勉強するつもりもありませんし、自分自身で勉強したほうが効率よくできそうなので大丈夫かと思うんですけど。

勉強するための要点をわかってるなら、たぶんそのくらいあれば生きた英会話を習得できるでしょう。 しかし、生きた英会話を学んで習得するための基礎となる英会話力はどの程度です? もし学校の英語をある程度できるのであっても、生きた英会話を学ぶために、 それらを一度リセットする必要があるのではないでしょうか。 もう少し頭を柔らかくしていきましょう。

そういった見方もできるんですね。 たしかに自分自身で勉強する場合、自分の知識の中だけで理想の英会話を勉強してしまいそうです。 そうなると生きた英会話学ぶこととは程遠いものになることも考えないといけませんね。

おや?気が付きましたが。 生きた英会話というのは、生きた英語力を持った人から学ぶのが一番の近道なんですよ。 まだ勉強前に気がついて良かったですね。 もし勉強をバリバリ始めてから気がついたとしたら、方向転換できたでしょうか。 始めっから自分の考えだけで勉強を始めると、他の考えを受け入れない勉強方法になってしまいますからね。 本当に良かった。

それなら、書籍で勉強することも同じ気がしますね。 書籍を書いた人が生きた英語力を持っているとは限りません。 もしかしたら教科書通りの日本人としてお手本となる英会話のことしか書かれていないかもしれませんからね。 キーワードは「生きた英会話」ということを忘れないようにしないといけませんね。

そうなんです。 だからこそ、勉強をするのにも経費が必要なんです。 生きた英会話を教えてもらうのですから、この経費を安いか高いかと感じるのは、 これから生きた英会話を習得できるかできないかで変わってくるでしょう。 確実に生きた英会話を学んで習得できるとすれば、安いと思いますよ。

そうですよね、勉強することが目的ではなく、 ビジネスで活用できる生きた英会話を話すことが目的なのですから。 ありがとうございました。

ビジネスに必要な英会話を習得する勉強方法について

ビジネスでも通用する生きた英会話を学ぶには、生きた英会話を話せる人から学ぶのが一番早い上達方法だと思う。 なぜなら、生きた英会話を知っているから、ちょっとした間違いを修正できるからだ。 もし書籍で勉強していたとして、ビジネスで通用する生きた英語であれば良いのだが、 それはビジネス上で利用してみて初めてわかることでもある。
要は、実践で話してみなければわからないということだ。 それならすでにビジネスで利用できる英会話を話せる人から教えてもらうほうが良いのは明白だ。 それが最短だということもわかるだろう。

ビジネスで利用するために、期限を決めて勉強するのは正解だ。 仕事は待ってくれないのだ。 ビジネスに合わせて自分が勉強をしていくしかない。 そして時間の期限を決めたことによって、集中して効率よく勉強を勧めていくことができるはずだからだ。
覚えておいてほしいのは、学校の勉強と同じように勉強すれば良いというわけではないということ。 同じで良いのであれば、学校時代の教科書を引っ張り出してもう一度復習すれば良いわけだから。

効率重視で勉強するのであれば、覚えたことを反復する他ない。
なぜなら人は忘れる生き物だからだ。
少ない回数でも反復する回数により覚えていく期間が増えていくものだ。 ちょっとしたことでも反復して繰り返す必要があるということを覚えておくといいだろう。 【英語ぺらぺら君初級編】 歴代米国大統領の元通訳が教える英会話学習法 が優れた教材だとしても忘れてしまっては元も子もないのはわかるはずだ。 覚えたことを繰り返すことが忘れないで身につく一番の近道だということだ。 他のどの事でも同じだが、覚える方法を間違えなければ、あとは繰り返すことが勉強であると覚えておこう。

TOPへ戻る/ 前へ戻る

やはり効率よく勉強ができたとしても、忘れないように繰り返し復讐することは他の勉強と同じですね。 てっきり生きた英語を話せる人から学ぶからすぐに覚えられるものだと思いました。

そうならどれだけ良いか。 しかし人の頭は忘れることが大前提なんですよ。 コンピューターであれば一度記録しておいたものはよほどのことがない限りDeleteされることはありません。 記憶媒体の寿命が来たときにデータが消えるくらいであって、バックアップもかんたんですからね。 人の頭はそういうふうに出ていませんので、やはり繰り返し覚えていくしかないのです。

わかりました。 ビジネスで使えるように、地味でも面倒でも繰り返し勉強することが近道だということですね。 英語を必要としなければ英会話を学ぶ必要もないのですが、やはりビジネスですからね。 相手方に失礼の無いよう、しっかり覚えておかなければなりませんよね。

しかし忘れるからと言って悪いことばかりではないですよ。 コンピューターは応用が効きませんが、人は応用が効きます。 一度覚えたことと同じような事柄に出会った場合、応用で物事が済んでしまうということも多々あるということです。 学校の勉強で覚えたことに無駄はありませんよ。

なんか、そう言ってもらえると楽になります。 学校の勉強が無駄だったんじゃないかと思い始めてたのですから。 学校の勉強が世間に出て役に立つことってあまりないですけど、 勉強の仕方や結果が出たことに対して、学校以外では応用していけばいいんですね。

そうです。学校の勉強本来の意味というのはそういったところなのかもしれませんね。 学校で良い成績を残せた人でも、社会に出て出世しない人もいます。 でも逆に学校ではいつも悪い成績だった人が、社会に出て成功している人もたくさん居ますからね。 たかが学校の勉強ですが、考える元がなければ考えることもできないということです。

詳しく教えていただいてありがとうございます。 よくわかりました。

ビジネスに活かせる生きた英会話にするためには

これはもう、場数を踏むしかない。 なぜなら覚えただけで使えるようになるわけないからだ。 覚えたことを反復し繰り返す意味でもあり、使っていくことしかないのである。

ビジネスのために覚えた英会話なので、使う機会は多様にあると思う。 そうじゃなければ無理して覚える必要もないし、期間を決めて集中的にやる必要もないのだから。 それでもビジネスで活用するために覚えた英会話なので、使い続ける必要もあるだろう。 そうしていくうちに本当に身についていくことにもつながるのだ。
生きた英会話を話せる人から学んだ英会話は、自分のものになるまで繰り返すことで本当に自分のものになる。 それを忘れてしまえば教材を購入した意味さえなくなるということだ。
しかし、ビジネスで使うのだから忘れようにも繰り返し使うことで身についてしまうのだ。 だからこそ、はじめの段階で生きた英会話を習う必要があるということだ。 このことは全てのものに対して言えることだが、正しいものを理解して使いこなすことで、はじめて活用することができるのだから。

TOPへ戻る/ 前へ戻る

初めの頃はビジネスで使うだけではもったいないと思っていました。 でもビジネスで使える英会話は、結局は日常会話なんですよね。 正しい発音、正しい言い回しは使い続けてようやく身につくものだというのがわかりました。 また勉強の一環として海外へ旅行へ行こうという気にもなりましたよ。 せっかく使える英会話を覚えたのですからね。 海外が身近に感じられるようになったのはうれしいですね。

そうですね。 日本人は英語が苦手な人が多いので、海外へ自ら行こうという人はあまり居ないようです。 旅行を計画して遊びに行く人は居ますが、ちょっと隣町までっていう感覚で海外に出かける人はあまり居ませんね。 でも、そういった感覚はこれからの時代必要ですよ。 日本の中だけにしか目を向けないようでは、今後さらにグローバル化した世の中から遅れてしまいますから。

はい。 それもなんとなくわかる気がします。 ビジネスはいろいろな角度で探したほうが良いというのはわかりますし、 話せる英会話を覚えたことで視線が海外へと向けられるようになったのも事実です。 これも【英語ぺらぺら君初級編】 歴代米国大統領の元通訳が教える英会話学習法 のおかげなんでしょうね。 もし教科書などの書籍から覚えた英会話だったら、そんな風に考えなかったかもしれません。 もしかしたら英会話が嫌になって仕事もやめていたかもしれませんからね。

そうですね。 だれでもはじめに正しいものを教えてくれていたら苦労も半減なんでしょうけど、現状の日本では教科書が正しい事になっています。 教科書や書籍だけが正しいわけじゃない事がわかっただけでも進歩してますよ。 本来なら学校で覚えた間違いだらけの英会話を正しいと思いこんで会話に望みますからね。 その点、あなたは生きた英会話を習得したことで、かかなくて良い恥をかかずに済んだんですから。

それもすですが、ビジネスではやり直しがききません。 初めから生きた英会話を覚えられたのは、この教材があったからだと思ってます。 逆に、【英語ぺらぺら君初級編】 歴代米国大統領の元通訳が教える英会話学習法 がなかったとしたら、仕事をやめていなかったとしてもかなり苦労したんじゃないかと想像できるんですよ。 本当に教えていただいてありがとうございました。

いやいや、この教材を見逃さなかった事が一番の幸運ですよ。 もし見もせずに自分自身で勉強を進めていたら、どうなっていたでしょうね。 今ならわかりますよね。

ビジネスのために学んだ英会話でできることを再確認する

ビジネスのために学んだ英会話でできること。 それは日常レベルの英会話が自然な形で口から出ることを意味するのだ。 それはもはや第2母国語と言っても良いかもしれない。 英語に関して言えば、世界共通語の一つとして認識されているのだ。 英語さえビジネスレベルで話ができるようであれば、世界のどの国(英語圏)に行っても仕事には困ることもなくなるだろう。

ビジネスのために学んだ英会話を話せるようになると、趣味のレベルでも英会話が通じるようになる。 世界中で同じ趣味を持った人たちと交流を深めることもできるだろう。 要は、これから出来ることが大きく増えていくということ。 英会話を利用して知識を増やしていけば、応用できることも増えていくだろう。 それが自然な形で入っていけるようになるというのは楽しいことだと思う。

しかし、意識を向けて活用方法を考えなければ、何も変わらない。 せっかく生きた英会話が出来るようになったのに、仕事だけでしか活用しないのはもったいないということだ。 NSNが発達している現在、世界中の人達と交流を持ち、自分の趣味を広げることは、その後の自分の成功にもつながる要素だと思う。 現状で満足しているのも悪くはないが、せっかく英会話を習得したのだから、もっともっと羽をのばせばいいんじゃないかな。

TOPへ戻る/ 前へ戻る

スポンサードリンク

Contents