LinuxというOSはパソコンを動かすための無料のプログラムである

今回は悪魔2人、ランプとハンマーは出てきません。 管理人の言葉で書いていきます。

皆さんはパソコンを購入すればすぐに使えるようにWindowsかMacを購入することになると思います。 どこの量販店へ行っても、それしか置いていないからです。 そして、パソコンとはWindows、もしくはMacintoshしか無いと思い込んでいることでしょう。

パソコンを動かすにはオペレーティング・システムが必要になります。 俗にいうOSというやつです。 OSとはWindowsOS、MacOSがメジャーなところですね。 新品で購入したパソコンには必ず入っているでしょう。

ここで疑問に思うことはありませんか? もしWindowsOSやMacOSが入っていなかったとしたらどうなるのか。 そう、まったく起動することができなくなります。 性格にはBIOS画面が出て、パソコンの現状を確認するだけの画面が出てくるだけなんですね。 この時点でパソコンを動かすにはOSが必要になるんです。 それがWindowsOS、もしくはMacOSということになります。

そしてもうひとつの選択肢としてLinuxがあります。 このLinuxとはWindowsOSやMacOSと違い、フリーで利用できる無償のOSなんです。 WindowsやMacintoshもパソコンを買えば入っているじゃないかって? 新品のパソコンを購入する時点で、すでにWindowsなりMacなりのライセンス料が含まれているんです。 だから感覚的にはOSにお金はかかっていないと思ってしまうんですね。 しっかりライセンス料は取られていますよ〜。

TOPへ戻る/ 前へ戻る

Linux、Windows、Macintoshに違いはあるの?

もっともな疑問ですよね。 これらのOSにどんな違いがあるのかということを書いていきます。 ザックリ言って、基本的に互換性はまったくありません。 しかし出来ることというのはそれ程違いはありません。

どういうことかというと、OSというパソコンを動かすプログラムは別物ですが、インターネットを観たり、動画を観たり作成したり、音楽を聞いたりといった事をするのであれば どのOSでも出来るということです。 自動車メーカーは違っても道路を走ることは出来ますね。 それと同じことなんです。

じゃぁ、なぜわざわざ違うOSを使うことになるのか。 それぞれに使いやすいソフトウェアがあったりするからです。 Windowsは世界的なシェアから見てもビジネスでの利用がデフォルトになっています。 仕事で使うならWindows一択と言っていいほどでしょう。

マルチメディア関係ではMacintoshが頭ひとつ飛び出ている感じでしょう。 昔から画像や映像、音楽に関して、とても素晴らしいソフトウェアがそろっていますからね。

無償のLinuxはというと、安定したOSであることが上げられます。 Linuxはたくさんのディストリビューションがありますが、中でもRedHatLinux系の安定度は群を抜いています。 サーバーなどで運用している企業もたくさんあるくらいです。

これらのことをWindowsだけでやろうと思っても出来ます。 Macintoshでやろうとしても出来ます。 Linuxでやろうと思っても出来るんです。 要するに、パソコンというものを使ってOSという道具で作業することなんです。 やれることに違いはありません。 そして、LinuxはフリーのOSなんですよ。

TOPへ戻る/ 前へ戻る

フリーOSのLinuxは何がいいのか悪いのか

無償であることと、OSのサポートを受けること。 これらは相反するものです。 サポートを受けるにはお金がかかります。 有償OSであるWindowsとMacintoshは初めにライセンス料を徴収しているのでサポートをすることが可能なのです。 無償のOSであるLinuxの場合、ボランティアで開発しているDebianなどがありますが、流石にサポートする体制までは整えられていません。 タダで他人のサポートをしようとするおめでたい人は、そうそういるもんじゃありませんからね。 しかし無料で利用できるOSなのでそれなりに情報はあります。 ある程度の情報なら、インターネットで探せば簡単に見つかるほどです。 無償のOSであるために、自分でトラブルを解決しなければならないデメリットというのはあります。 それでもライセンスフリーのため、自作パソコンや中古のパソコンに気軽にインストールできるメリットはあります。

自分でトラブルを解決することで、それなりに知識も付いてきます。 こればかりはサポートに頼っているWindowsやMacintoshでは、まずあり得ないことでしょう。 パソコンの知識とLinuxの知識が増えていき、気がつけば自分でサーバーを立ち上げる事も出来てしまうのがLinuxです。 この楽しさに取り憑かれたら、WindowsやMacintoshには戻れないでしょうね。

デメリットとしてもうひとつ。 メジャーなソフトウェアがないということです。 もともとフリーのOSにお金を払ってソフトウェアを購入することなんてあまり考えられません。 そのため、ソフトウェアを売る企業もLinux用は作らないんです。 だけど、それら同等のソフトウェアを無償で作ってくれる人もいるんです。 Linuxはそういった人達によって進化し続けているOSなんですね。 そして、LinuxはフリーのOSなんです。

TOPへ戻る/ 前へ戻る

スポンサードリンク

Contents