DebianでFirefoxを入れてYoutubeを観られるようにするまで

今回はDebianのお話です。
DebianはデフォルトでiceweaselというFirefoxの名前違い(だけなのかよくわかりません)が入っています。 もちろんアドオンも使えます。
ですが、やはりFirefoxを入れたいので、その方法を記述しておきます。
あとはYoutubeを見るためにFlashのインストール方法ですね。

なんだ?そんなことしないとダメなのか?

そうなんだよ。
ubuntuではFlashもあやふやだけど普通にインストール出来るんだけど、Debianだとソフトウェアの管理の問題で、Flashを入れるのに苦労するはずなんだ。
じっさい、ぼくもかなり苦労した記憶があるからね。 備忘録さ。

なんだ。 ubuntuならあまり気にしなくていいのか。
ならなんでDebian使ってるんだ?

それはDebianのほうが安定しているからね。 安心感が違うんだよ。 ソフトウェアの管理に少し癖はあるけど、慣れてくれば他のディストリビューションと大差ないからね。
ただ、安定しているのはソフトウェアなどは最新バージョンがすぐに使えないってことでもあるんだけどね。

ふ〜〜ん。

TOPへ戻る/ 前へ戻る

Debianのターミナルから。

まずデフォルトで入っているiceweaselをアンインストールする。

$ su -

$ apt-get remove iceweasel

この一文でアンインストールは完了。
次に

$ vi /etc/apt/sources.list

と打ち込んでsources.listの内容に
 deb http://packages.linuxmint.com debian import
という一文を書き加えファイルを書き換える。
万が一の時に備え、書き換える前にバックアップを取っておくこと。
etc/aptフォルダ内に見つからない場合は、ファイルのある位置を探す必要がある。

あとはいつもの通り

$ apt-get update
$ apt-get install firefox

でインストール完了。

Flashをインストールする

Firefoxをインストールし終わったら、ついでにFlashのインストールも済ませておこう。
ただ、将来的にFlashは消えてなくなると思うんだけど、未だにFlashはその機能を完全に使われなくならないみたいだからね。
Windowsでは惰弱性が見つかって、本来使うことに気をつけなければならないんだけど、Linuxだからどうなんだろうね。 そのうち調べてみるよ。

ゴチャゴチャ言ってるけど、今回はDebian用の備忘録だろ。 さっさと話を進めろよ

わかったよ。
自分に関係のない話だとテキトーなんだから。

なんか言ったか?

(耳も良いな)

TOPへ戻る/ 前へ戻る

Debianのターミナルから。

$ su -
$ vi /etc/apt/sources.list

と打ち込んでsources.listの内容に
 deb ftp://ftp.debian.org/debian stable main contrib non-free
という一文を書き加えファイルを書き換える。

あとはいつもの通りにインストール手順を加えるだけ。

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install flashplugin-nonfree

以上でFlashのインストール完了。

DebianにFirefoxとFlashをインストールすることが出来た

随分面倒な手順が必要なんだな。
これならubuntuで良いと思うぞ。

確かにね。
でもぼくの場合はDebianも使ってるし、一応備忘録だしね。 忘れてしまうとも限らないから書いておくよ。

それにしてもubuntuだってDebian系のディストリビューションだろ。 なんでそんなに使い方が違うんだ?

そんなことないよ。 それほど違いはないよ。 ただ、ubuntuは最新の更新されたソフトウェアを利用できて、Debianは安定したバージョンだけしか使えないってこと。 その考え方があるからインストールする手順が少し違うだけなんだ。
やってることはubuntuでも同じだから覚えておいて損はないと思うよ。

ターミナルを使ってコマンドで制御するのは同じだからな。 コマンドの内容もほとんど同じだし、たしかにそうかもな。
でもDebianは使わないから覚えなくていいよ。

Chromeを使っていれば、あまり意味のないことだからね。
まぁ、ぼくの趣味ということにしておいてよ。

TOPへ戻る/ 前へ戻る

スポンサードリンク

Contents