Linuxで音楽を聞くならAudactiousでしょ

動画もSMplayerで観られるようになったし、次は音楽を聞きたいぞ。 どうすんだ?

君は気が早いね。
もう少し動画ソフトのSMplayerを使い込んでからにしても良いんじゃないか? SMplayerでも音楽は聴けるんだけどね。

え?そうなのか? 動画プレイヤーだから動画を観るだけなんじゃないのか?
音楽も聴けるなら音楽プレイヤーいらないじゃん。

平たく言えばそうだよ。
でもせっかく話題も出たことだし音楽プレイヤーを入れておこうか。
デフォルトでも入っているんだけど、どうせなら使いやすくて軽量の音楽プレイヤーのほうが良いよね。

そ、そうだよ。 良いものを教えてくれ。

ubuntuではrhythmboxっていう総合サウンドソフトウェアがデフォルトで入っているけど、たしかに高機能だけど少々重いのが難点なんだ。
だから初めは使っていても後々動作が重くて不満が出てくると思うんだよね。
そこでAudactiousっていう音楽プレイヤーを利用するんだ。 これはかなり軽量で、音楽を流していても他のソフトウェアにほとんど影響を与えない。 それにそれなりに高機能だからね。

それいいな。入れ方教えてくれよ。

TOPへ戻る/ 前へ戻る

CDを取り込む

その前にCD音楽をパソコンに取り込まないとだな。 とりあえず手持ちのMP3でいいか。

いいのかい?じゃぁ、CDから音楽データを吸い出す方法は別の機会にしよう。 Audactiousをインストールする方法を教えるね。
いつもの通りに呪いを書いてからインストールするんだよ。
下記に書いてある方法でOKさ。

TOPへ戻る/ 前へ戻る

ubuntuの場合ターミナルのコマンドからインストールするには

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install audactious

これでインストール完了。

尚、Debianでは
$ su -
と入力してルート権限を取得してからじゃないとインストールできないからね。

タイトル

やったー。 これで音楽がガンガン聴けるな。

いゃ、だから動画プレイヤーのSMplayerでも音楽は聴けるんだよ。 ただ、動画プレイヤーだと機能もそれなりだし画面は全画面になるしでメリットがあまりないんだよね。
やはり動画プレイヤーは動画視聴用。 音楽プレイヤーは音楽視聴用って分けたほうが使いやすいよ。

そういうことにしといてやるか。

…やれやれ。

TOPへ戻る/ 前へ戻る

スポンサードリンク

Contents