お酒と女と

お酒が好きな人は毎日飲みます。
晩酌という寝酒だったり、本人にとってはリフレッシュだったり、単なる習慣だったりですね。
そこに色恋があると…

呑みに行くならどっち?

お酒を呑みに行くのが大好きな人は誰ですか?
ぼくはお酒を呑むのが好き。
というよりは、お酒を呑みに行くのが好きなんです。
呑みに行く先は居酒屋だったりBarだったり。
決してキャバクラやクラブなどには行きません。

それには理由があります。



 

面白くないから。





なんですね。
何が面白くて、何が面白くないかといえば、会話です。
キャバクラ行っても五月蝿いところが多く、会話なんてできません。
クラブへ行っても、次回の営業のつなぎのための会話だというのがわかります。

その点、居酒屋やBarなどは、次につなげようなどとは考えて…





いるだろうけど、キャバクラやクラブに比べて営業色ありません。
それに、出してくれる食い物が旨いです。

ぼくは飲むとほとんど食うことはしません。
でも、旨いつまみがあれば、つまみます。

箸でつかめなくても、

手でつまみます。



 

だからつまみなんです。

それに、来ているオヤジ達が面白い。
若いねーちゃんもいいけど、年取ったオヤジ達はそれ以上に笑えます。



 

お笑い芸人?

そんなもの目じゃありません(芸人さんごめんなさい)。

実際、変なオヤジ達と会話をつまみに呑めます。
知らない人でも会話に加わり、会話が成り立っていきます。

つじつま合いませんけどね。

オイラも呑みに行くの好きだよ。
若いねーちゃんのいるキャバクラやクラブ!
目の保養になるし、なんてったってパワーが違う。
オイラの愚息にもパワーを与えてくれるんだ。
そんなところだ。
行かないとばちが当たるぜ。
人間の若いねーちゃんって、何であんなにいいお尻してるんだろうな。
また行こうっと。

あれまぁ。
見ているところはお尻ですか。

コイツも悪いやつじゃないんだけど、酒に飲まれるほうだからな。
一緒には行きたくないよ。

楽しみ方が違うから一緒に行くこともないけどね。

あと、居酒屋の利用法としては、最高の情報源だってことですね。
なんせ、その町の常連さんが集まるところなんですから。
いろんな情報を知っているし、教えてくれる。
だからぼくは呑みに行くんだよ。

そこの裏情報を得るためにね。

Contents

スポンサードリンク