×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

我が家の老愛犬

ウチの老犬、ヨークシャーテリアのラブちゃんがいます。
生まれはなんと!七夕。
なんお願いも叶えてくれるわけじゃないけど、
そこにいるだけで和みます。
平成8年生まれだから、今年で12年目。
病気もなく健康に今までやってこれました。
それでも、年はとし、かつての活発さはほとんどなく、寝ていることが多くなっています。
散歩のときだけは、元気にしっぽをフリフリして寄って来ますけどね…。

散歩、楽しみなんでしょうね。

今では、「散歩」と「ごはん」という言葉に過敏に反応します。
言葉を理解しているのか、発音を音としてとらえているのかはわかりませんが、
見ていて楽しいリアクションをしてくれます。

散歩に行ったって、犬の年齢としては高齢です。
10分も歩けば、ラブちゃんすでにへばってきます。
しまいには、ぼくがラブちゃんを抱いて家まで帰ることも…。

家ではよく寝ています。
舌を出して、半目を開いて。
人でも半目を開いて寝ている人はいますよね。
でも、舌を出して寝ている人なんていません。
それを許せちゃうんだから、ラブちゃんなんです。
舌がほかの犬よりも長いからなんでしょう。
見ていると可愛いんです。
そりゃぁ、寝ているところを起こせませんって。

そこでパシャ。携帯のカメラで寝顔を激写しちゃうんです。
おきているときは、いくら老犬で動きがスローでも、携帯のカメラでは追いきれません。
だから寝顔をパシャ。
絶対に動かないから確実に撮れるんです。

なんとも微笑ましい寝顔です。

………

寝て喰ってばかりだなぁ。
ちょっとは働けっていうんだ!
お犬様だからって、働かざるもの喰うべからずってな!

………

……

それを犬に当てはめるなって?
なら、番犬らしくしやがれってんだ。

オイラは来る日も来る日も、毎日汗水鼻水たらして働いているってのに…。
犬はおね~ちゃんに抱かれるし。

あぁ、犬になりた~い!

言いたいことを言っています。

我が家の一員ですから、それなりに番犬になっていると思いますよ。

癒し系としてもね!

Contents

スポンサードリンク