肩こりの症状が現れるのには理由がある

肩こりの症状が現れるのには理由があります。 ひとつは血行が悪くなって肩こり理の症状が出てしまうことです。 血行が悪くなる理由として、運動不足とデスクワークというのがあるでしょう。 ある程度運動することで血行を良くすることは可能です。 肩こりの改善も、運動をすることで肩こりの症状が和らぐことでしょう。

もうひとつは眼精疲労からくるものです。 最近はスマホを毎日長時間見続ける人が増えています。 そういった人たちがなりやすいんですね。 30分おきに遠くを見ることをしたり、目のまわりを軽くマッサージすることでも眼精疲労は和らぐでしょう。

肩こりの症状が出るのはこんなところでしょうか。 適度に運動をして、目が疲れないように軽いマッサージをするだけで随分良くなると思います。

TOPへ戻る/ 前へ戻る

肩こりの症状を具体的に改善する方法

軽く運動すれば、とかマッサージをすればとかすれば良いことはわかっているはずです。 でも出来ないということは理由があるんでしょう。 やりたいけど、ついつい忘れてしまう。 時間がない。 といったような理由を言うことでしょう。

では、どうすればいいか、具体的にお話しますね。

運動をする理由は、体を温めることが目的です。 昼間運動が出来ない人にとって、体を温める方法というのはお風呂に入ることですね。 でもゆっくり入っていられない人が多いと思います。 そこで、ピンポイントで肩から首を温めるのです。 ドライヤーを使いましょう。 肩こりの症状を改善したい箇所周辺をドライヤーを使って温めるんです。 こうすることで暖められた箇所の血行は良くなります。

眼精疲労からくる肩こりのの症状を改善するには遠くを見ることとマッサージをすることと書きました。 しかしパソコンの前に座っていると遠くを見る場所じゃないことが多いと思います。 そこで蒸しタオルです。 30分おきくらいに蒸しタオルを目を覆うようにかぶせます。 1分くらい休憩のつもりでやってみましょう。 不思議とすっきりするはずです。 これで肩こりのの症状を改善出来るはずです。

それだけじゃあまり効果がないよっていう人の場合、ハチミツ葛湯(くずゆ)を作って飲んでみましょう。 葛には血管の緊張を和らげる働きがあります。 肩こり改善に効果があるものですレモンを加えれば疲労回復にもつながっておすすめです。
材料は
水120ml
本葛粉大さじ1/2
レモン汁大さじ1/2
ハチミツ適量

作り方は鍋に水と本葛粉を入れて火にかけよく混ぜて溶かします。 透明になってとろりとしてきたらレモン汁とハチミツを加えるだけです。
簡単ですね。

後は寝る前に肩こりの症状を改善するためのストレッチをしましょう。 肩こりは肩甲骨が固まって起こることです。 肩甲骨を動かすことで肩こりが改善されるということですね。
やり方は椅子に座ってやったほうが簡単です。 体の後ろで手のひらを組み、肩甲骨を寄せるように下の方向へ引っ張ります。 頭をゆっくり後ろを倒し、息を吐きながら手を後方へ上げます。 止まった一で3秒キープで元に戻します。 これを10セットするのが肩こり改善ストレッチです。 簡単にできるので、寝る前にでもやってみましょう。

最後に、正しい姿勢をキープすることです。 姿勢の悪さからも肩こりの症状が出ることも有るようです。 これは簡単にできるのですぐに実践できるでしょう。

TOPへ戻る/ 前へ戻る

肩こりの症状が改善したら気をつけること

肩こりは一過性のものではありません。 生活習慣病みたいなものですので、普段の生活から見なおす必要はあります。 しかし仕事上どうしたって難しい人もいると思います。 そういう時はハチミツ葛湯を飲むとか肩こり改善ストレッチを毎日実行するしかありません。

肩こりはなった人じゃないとわからないと思いますが、本当に痛くて、酷いと動かすことさえ嫌になるほどです。 ほとんどの人は方のマッサージなどで誤魔化しながら肩こりと付き合っているようですが、肩こりと付き合うことなんてないんです。 ちょっと生活を改善するだけで肩こりの症状は改善するのですから。

ただ、生活習慣病のようになるくらいなので、すでに習慣になったことを変えることって意外に難しいものです。 だから考え方を変えればいいんじゃないかと思います。

TOPへ戻る/ 前へ戻る

考え方を変えて肩こりの症状を改善する悪魔的裏ワザ

ここからがこのサイトの本編と言っても良いでしょう。悪魔的裏ワザですから、出来る人のみ実践しましょう。

まず、生活習慣として肩こりになりそうな事を排除していきます。 もし眼精疲労からの肩こりならば目を疲れさせない方法でを考えます。 仕事でパソコンばかり見てて眼精疲労になったら休養を取りましょう。 肩こりも立派な病気です。 病院へ行って「方が痛い」といえば病気扱いで診てくれます。 仕事のやり過ぎで病気になったと会社に言えば…。 悪魔の技術ですからね。実践できる人だけにしてくださいね。自己責任で。

運動不足からくる肩こりの場合、仕事がらみだとすれば会社を辞めて体を動かす仕事を初めましょう。 これで一発肩こりの症状も改善できます。 ただし、悪魔の技術ですからね。実践できる人だけにしてくださいね。自己責任で。

悪魔的裏ワザといっても、今回ばかりは根本を解決しないと肩こりの症状を改善させることはできません。 貼って治るような薬があればいちばんなのですが、症状の根源が生活習慣ですからね。 自分自身で治す必要があるところです。

でも、改善するなら運動と結構を良くすることがいちばんですよ。

TOPへ戻る/ 前へ戻る

あ”〜、肩が痛い肩が痛い。 肩こりだ〜。 どうしたもんかね、この痛さ。 治らんもんかね、この痛さ。

運動すれば良いとか血行を良くすれば良いとか言ってるみたいだけど、すぐに直してくれよ〜。 考えてみれば酷い生活してたからな。 そのせいかな。

いや待てよ。生活を直すんじゃなくて肩こりを取ってくれる先生を探せばいいんだ。 なんでオイラが生活習慣を見なおさなければならないんだ? 病気と同じなら先生が治してくれるはずだ。

オイラ、あったま良い〜。

どうやらバカなことを考えているようです。 肩こりの症状は病院へ行けばたしかに改善したかに思えるような処置をしてくれます。 しかし肩こりは普段の生活から来る症状であり、生活習慣を改善しなければ肩こりの症状は良くなりません。 それがわからないほど肩が痛いのかな。

といっても、今回ぼくが口出ししても肩こりの症状は改善しないからな。 本人がやる気を出して肩こり改善しようとしないとね。 でも待てよ、これを恩着せがましく教えてやって生活改善すれば、性格が良くなるかもしれないな。

どっちみち時間はかかるけどね。

TOPへ戻る/ 前へ戻る

スポンサードリンク

Contents